子育て

トミカ博inひらかたパーク2020レポ【&2歳児でも楽しめるひらパーアトラクション】

こんにちは。
memiです。

memi
memi
2歳の子供と一緒に、はじめてのトミカ博へ行ってきました!

今回の開催場所はひらかたパークでした。
ひらパーも少し楽しんできたので併せてすこしだけご紹介したいと思います。

トミカ博inひらかたパークの入場には事前にローソンにてチケット購入が必要となっており、前日にローチケのサイトで予約したのですが、その日は最終入場時間である17時の枠しか残っていなかったので、17時入場、18時退場の少しハードなスケジュールとなってしまったのですが、楽しめました!

下記、公式サイトのチケット販売の説明です。

<チケット販売について>
入場券は「日時指定」での販売とさせていただき、開催前・開催中共に「ローソンチケット」のみで販売いたします。
※会場窓口での販売は行いません。
尚、「日時指定券」は販売枚数に限りがございますので、ご来場が決まられましたら、お早目のご手配をお願いいたします。

引用元:トミカ博inひらかたパーク https://www.takaratomy.co.jp/event/eventlist2020/tomica-hirakata.html

 

チケットを買われる際に注意点がひとつ…

トミカ博とひらパーを同日に楽しまれる場合、
ローチケのサイトにてトミカ博入場券+ひらかたパーク入園券という、ひらパーとトミカ博のチケットがセットになったものが販売されているのですが、
ご注意いただきたいのが、トミカ博は2歳児入場無料、ひらパーは2歳児入場有料となっており、
お子様が2歳児の場合はこのセットのチケットのほかに、お子様用のひらパー入園券が別途必要となります。

memi
memi
子供連れでのひらパーが初めてだった私たちはローチケサイトの注意書きに気づかず、当日子供用入園券を別で購入することに。チケット売り場で並んで待つハメになったので、スムーズに入園されたい方は事前にローチケサイトにてお子様用の入園券も購入されておくのがおすすめです。 

引用:ローチケ トミカ博 in ひらかたパーク ~トミカの世界にとびこもう!!~

13時ごろにひらかたパークへ着いたので、トミカ博入場の17時までひらパーを楽しみました!
まずはお昼ご飯を食べようと入り口から一番近いフードエリアへ!

memi
memi
ひさしぶりにひらパーへ来ましたが、フードエリアが思っていたより混んでいました。

列に並ぶこと20~30分、注文してから受け取りまで15分~20分ほどはかかったと思います。たまたまスタッフさんが少なかったのか、私たちの前には5組ほどしか並んでなかったのですが予想以上に時間がかかった印象でした。

感想1

ピーク時間帯のフードエリアは待ち時間がかなり長かった!

memi
memi
チュリトスやポテト、ホットドッグやからあげなど、遊園地らしい定番グルメを楽しめました♪待ち時間は長かったですが揚げたてばかりで大満足!

予想外に時間をとってしまったお昼ご飯のあとは、
トミカ博入場までの17時までアトラクションを楽しみました。

memi
memi
日曜日だったので、どのアトラクションも思っていた以上に並んでいました~(汗)

トミカ博入場時間まではおよそ2時間半ほどあったと思いますが、結局乗れたアトラクションは3つでした。

ノームトレイン

memi
memi
乗れたのは下記の3つのアトラクションです。

画像引用:ひらかたパーク アトラクション

感想2

2歳児(同伴者あり)でも楽しめるアトラクションはぜんぶで16種類もありました!今回は3つしか乗れなかったので次回また子供とリベンジしたいです!

ひらパーで2歳児(同伴者あり)でも楽しめるアトラクション一覧
memi
memi
ひらパー公式ホームページ上でなぜか2歳児が遊べるアトラクションがきちんと表示されていなかったので、画像をお借りして分かりやすくしました。ご参考まで!

画像引用:ひらかたパーク アトラクション

17時ごろ、いよいよトミカ博会場へ!

memi
memi
少しだけ並びましたが、すぐに会場へ入れました。 

この入場口で、トミカ博限定の入場記念品トミカを、チケットの枚数分もらうことが出来ます。

画像引用:トミカ博inひらかたパーク ~トミカの世界にとびこもう‼~

memi
memi
平日であれば、追加でもらえる車種もあるそうです! 

会場に入ると大きなトミカ50周年の横断幕が!

トミカの歴史を感じられる”トミカれきし図書館”というコーナーがありました。

memi
memi
私たちの幼少期時代のトミカやトミカのおもちゃが飾ってあり、面白かったです!

子供たちが見るのに夢中な大迫力の大きなトミカタウン!!

子供の頃の気持ちに戻ったつもりで少しぼーっとながめちゃいました。
こんなに大きなおもちゃで出来た街を見たら、
そりゃもうテンションあがるだろうなぁ~と思いながら眺めてました…。

memi
memi
息子目線で撮影。大人の目線から見るより大迫力でわくわくしますね!! 

その他にも、大手自動車メーカーとコラボした車の展示や…

一斉に大量のトミカが走り抜けるサーキットスライダー!

いろいろな展示を見てまわったあとは、有料アトラクションコーナーへ移動。

memi
memi
以前プラレール博へ一回行ったことがあったのですが、プラレール博と同じような感じで、いろいろなアトラクションがありました!

時間が18時を迫ろうとしていたので、ひとつだけアトラクションに並ぶことにし、
プラレール博の時も子供が一番楽しんでいた、釣りコーナーへ。

memi
memi
なんと、トミカを釣ることが出来るアトラクションです。
アイデアが面白いですよね…!

トミカを釣れると言っても、市販品のトミカを釣れるわけじゃなく、
トミカ釣りのために用意されているトミカを釣ることができるといった感じです。

もし釣れなくても、1台選ばせてもらい持ち帰ることができます!

このトミカ釣り…制限時間が30秒しかなく、簡単そうに見えて大人でも普通に難しかったです。

memi
memi
途中少し子供が釣っているのを手伝おうとしましたが、うまく引っかからず…。タイムアウト間際に子供が奇跡的に自らひっかけて1台ゲット! 

このほかにも、有料アトラクションがいくつかあり、
一番人気は、トミカ組立工場というアトラクションで、とても並んでいたので私たちは断念…!

memi
memi
好きな色の、ボディ・シート・窓・シャーシを選んでオリジナルトミカがつくれる!というアトラクション!面白そう…!!

最後に、お楽しみのショッピングゾーンへ。

memi
memi
親の私が地味に楽しみにしていた限定トミカ購入! 

ショップエリアの写真を撮影し忘れたので、自宅にて購入品を撮影。

memi
memi
左側の3台が購入品で、右側の3台はトミカ釣りでいただいたものと入場記念品トミカです!

箱から出すとこんな感じ。

memi
memi
可愛いなーと思ったものを選びました♪

まだ2歳の息子は限定品とか分からないので、とりあえず新しいトミカをゲットしたことに喜ぶ程度なのですが。笑

以上、トミカ博inひらかたパークとひらパーのレポでした。

楽しかったので、また関西で開催されれば行こうと思います!

memi
memi
子供ももっと大きくなれば、より楽しんでくれるようになるんだろうなぁと思うとわくわく…!

2020年10月11日までの開催となりますので、
皆様も是非足を運んでみてくださいね。