旅行・ホテルステイ

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブレベル宿泊レポ(コロナ禍)

こんにちは。
memiです。

memi
memi
先日、GoToトラベルを利用して初めてリッツカールトン大阪のクラブフロアへ家族3人で宿泊してきました! 

他ホテルのクラブフロアへ宿泊したことは2回ほどあったのですが、そもそもリッツカールトンへの宿泊が初めてだった私たち。

今回、GoToトラベルでとてもお得に宿泊できたので、
コロナ禍でのホテルの様子をご紹介できればと思います。

memi
memi
高級ホテルへの宿泊経験がそこまで多くはございませんので、
それを踏まえたうえでご参考にしていただけると幸いです! 

1.リッツカールトン大阪のクラブレベルとは

まずは公式サイトの情報をもとに、簡単にリッツカールトン大阪のクラブレベルの特徴をご紹介をさせていただきます。

やはり一番の魅力というと、クラブラウンジの利用ができるというところ。

1日に5回のフードプレゼンテーションが行われており、
朝の7:00~夜の20:30まで、食事やドリンクを楽しんだりできます。

フード・プレゼンテーション

7:00 a.m. ~ 10:00 a.m.ご朝食
11:00 a.m. ~ 1:00 p.m.お昼のご軽食
2:00 p.m. ~ 4:30 p.m.アフタヌーンティー
5:00 p.m. ~ 7:30 p.m.ご夕食前のオードブル
7:30 p.m. ~ 8:30 p.m.ナイトキャップ&デザート

引用:ザ・リッツ・カールトン大阪 クラブレベル

ザ・リッツ・カールトン大阪のクラブラウンジは34階に位置しており、眺望がとてもよいのが特徴。大阪のビルの風景を楽しむことが出来ます。

また、チェックインもクラブラウンジで行うことができるのが大きな特徴。
ホテルに到着するとまずはクラブラウンジへ案内してもらうことができ、通常のホテル宿泊の際のようなフロントでのチェックインの作業はありません。

ラウンジにて、アフタヌーンティーをいただきながらのチェックインとなるので、
もし遠方からのご宿泊の方であれば、ソファに座って疲れた体を休めながら、コンシェルジュの方の案内に従うままにチェックインすることが出来るため、とてもリラックスできるかと思います。

同じようにチェックアウトもクラブラウンジで食事を頂きながら可能です。

公式サイトによるクラブレベル宿泊者へのすべてのサービスは以下となります。

クラブレベルご宿泊者へのサービス

・クラブラウンジのご利用
・ウェルカムドリンク
・JR大阪駅周辺への片道お車サービス(9:00 a.m. ~ 10:00 p.m.)
・クラブラウンジでのアフタヌーンティー・チェックイン
/インルーム・チェックイン
・クラブラウンジでのエクスプレス・チェックアウト
・ディパーチャーギフト
・プレスサービス
・靴磨きサービス
・専属コンシェルジュによるご滞在のお手伝い
・記念日やお誕生日、プロポーズなど、特別な日のお祝いの演出や手配

memi
memi
公式サイトに掲げられている、“もうひとつの我が家”  という言葉がぴったりのクラブレベルステイ。コンシェルジュの方々による温かいおもてなしと、英国貴族の隠れ家をイメージした上質なインテリア空間が、他にはない癒しのひとときを体験させてくれること間違いなしです。

ではさっそく、コロナ禍での実際の宿泊レポをお届けさせていただきます!

2.アフタヌーンティー・チェックイン

ホテルに到着すると、前述のとおりクラブラウンジへ案内していただきました。

memi
memi
ロビーに到着するとホテルの方が声をかけてくださり、予約名を伝えるとラウンジへ案内してくださいました。

ホテルスタッフの方たちは、子供への対応が素晴らしくてびっくり。

到着時子供の機嫌が少し悪かったのですが、優しく声をかけてくださり、とってもにこやかな印象でした。

ラウンジへ到着すると、子供はエントランスに飾られていたハロウィン仕様のかぼちゃのかざりにテンションがあがっていました。

席に案内していただき、ソファに座っていきなりリラックス…。

memi
memi
初めての私たちは、とっても不思議な気分でした。まだチェックインもなにもしていないのに、アフタヌーンティーをお持ちしてもよろしいでしょうか?と案内してくださって、いきなりリラックスムード…

上質な家具やクッションに、ほっとひといき…。

そして間もなくして運ばれてくるアフタヌーンティー。

memi
memi
ドリンクはアイスティーにしました。

コロナ禍でなければ、3段プレートでの提供だそうです。

コロナ禍でしたのでビュッフェ形式ではなく、今回のフードプレゼンテーションはすべてプレート形式での提供とのこと。

サーモンサンドウィッチやスコーン、ブリュレ、チョコレートケーキ、どれもとっても美味しかったです。

memi
memi
このアフタヌーンティーを頂きながらのリラックスしたチェックイン手続きでしたので、いい意味でチェックインをした、という記憶があまり残らない不思議なチェックインでした。

3.客室・クラブスーペリア

アフタヌーンティーを終えると、客室へ。

今回のお部屋は標準的な客室のクラブスーペリアルーム。

memi
memi
隅々まで手入れが行き届いていました。 

洗面はこんな感じです。

2017年に全室改装が行われているようですが、少し時代を感じさせる箇所も残してはいます。
ですがとても清潔感があり、手入れも行き届いており、さすがザ・リッツ・カールトンさん。

アメニティは、英国王室御用達ブランドのアスプレイというブランドのもの。

アスプレイの店舗は、ザ・リッツ・カールトン大阪内にも入っています。

夕方ごろから、窓からの夜景がとても綺麗になってきました。

今回宿泊した部屋は、クラブラウンジ同様34階の部屋なので眺望がとてもいいです。

4.夕食前のオードブル

memi
memi
そろそろオードブルの時間かなぁ~

家族で部屋でのんびり過ごし、18時を過ぎた頃にオードブルを頂きにクラブラウンジへ。

オードブルって…イメージではいろいろな種類の総菜が大皿にのっている…というイメージを抱いてしまいますが、リッツさんでは軽食っぽい意味合いで使われておられる感じがしました。

オードブルの本来の意味を調べてみると、前菜・お通しという意味だそうですので、クラブラウンジで前菜を食べてからどこかにまたディナーに行くこともあるのかとおもいきや…

memi
memi
めっちゃ豪華!!! 

と思わず心の中で思いました。

コロナ禍でプレート形式での提供ということで、満足がいくような量になっているのか、
女性向けおしゃれ中華ランチというくらいの量感!

おかわりもコンシェルジュの方が伺いに来てくださいますし、夕食として充分な量でした。

memi
memi
麻婆風のおかずも、小籠包もゴマ団子もどれも美味しかったです。

ドリンクはバーエリアまで好きなものを取りに行くことができます。

注文すると目のまえでドリンクを用意してくださいます。

memi
memi
リッツさんオリジナルのカクテルが美味しすぎでした…!!! 

5.朝食

翌日の朝、9時ごろにはまたまた朝食を食べにクラブラウンジへ。

パン4種類に、フルーツ、ハムやサーモン、チーズの盛り合わせと、

オムレツ、ソーセージなどなど…!

memi
memi
オムレツはトリュフ風味だったような…?
memi
memi
シリアルは好きなものを選べます♡

子供はアニマル型のシリアルをチョイス。

memi
memi
お菓子のように食べていました。 

朝から大満足すぎる量の朝食でした…!

memi
memi
子供には子供用のコップでジュースを出してくださったり、機嫌が悪くなった子供に声をかけてくださってシールやクレヨンを下さったり、コンシェルジュの皆様のお心遣いは、勉強にもなります…! 

6.お昼の軽食・チェックアウト

10時ごろに部屋に戻り、11時にはチェックアウトでしたので帰る準備を始めました。

memi
memi
贅沢なクラブレベル滞在も終わりかぁ…さみしい。

チェックアウトは、チェックインの際と同じようにクラブラウンジにて。

memi
memi
初めてのリッツさんのクラブレベル滞在…。コロナ禍ということもあり、本当にホテルから一歩も出ず、ひたすらクラブラウンジにお世話になった1泊2日…笑

荷物をまとめてクラブラウンジへ行くと、またまた席へ案内していただき、最後のお昼の軽食を頂きました。

memi
memi
生ハム入りの小さなサラダと、クリームリゾット、抹茶ケーキです。 

さきほどの朝食がボリュームがあったので、こちらの軽食を頂いて、もうランチは無しで…というくらいの満腹感でした…!

チェックインの際と同じように、軽食を頂きながらチェックアウト手続きを行ってくださるので、本当にリラックスした時間でした。

クラブラウンジから帰る際は、コンシェルジュの方が「いってらっしゃいませ」だったか、まるで私たちが家から出かけるかのように声をかけてくださって、またの帰りを待ってくださっているかのような言葉もくださり、

memi
memi
はい…!絶対帰ってきます…! 

と心の中で強く思いましたね。

さすが、第二の我が家です。

コンシェルジュの方々の接客は本当に素晴らしく、とても勉強にもなりましたし、いい体験をくださいました…。

以上、コロナ禍でのザ・リッツ・カールトン大阪のクラブレベル宿泊レポートでした。

GoToトラベルを利用しなければ、普段はなかなか高額な金額であるクラブレベルへの宿泊。

ですが、とってもいい体験をくださったので、これはまた次回も是非宿泊したい…!と思いました。