子育て

育休→フルタイム勤務復帰、実際どう?【1年経過・総まとめ】

はじめまして。
memiといいます。

子供を考えている人や、現在妊娠中の方などが直面する問題といえば、

仕事復帰をどうするか

ですよね。

Aさん
Aさん
育休から復帰して、今の仕事がこなせるのかな…?
Bさん
Bさん
保育園は病気が良く流行るっていうし…休みがちになって迷惑とかかけちゃうのかな…

この記事では、実際に私が産休・育休からフルタイム勤務復帰して一年が経過し、思ったことや経験談をまとめさせて頂こうと思います。

お時間のない方は是非、9.【結論】までジャンプしてください↓↓

1.仕事と育児。両立できるかどうかは自分にしか分からない

初めての妊娠で分からないことだらけの中、仕事と育児が両立できるのかと誰しも一度は悩んだことがあると思います…。

それ以前に子供を保育園に0歳から預けるのはかわいそう?子供は寂しくない?という内容で悩まれている方もおられると思うのですが、それに関しては私が実際に0歳から預けて思ったこととして、また別の記事でまとめさせて頂こうと思います。
  • 子供が生まれたら専業主婦になると決めていた人
  • 子供が生まれても生まれる前と変わらない仕事がしたい人
  • 職場は変えたくないけど時短勤務がしたい人
  • 時間にとらわれないフリーランスへ移行したい人

考え方や理想像は人それぞれあり、家庭環境や境遇によってその理想が実現可能なのかそうでないのかも様々。

今の日本の職場環境は、昔よりも女性が仕事復帰しやすいとは言っても、

それは会社の体制や任されている職種内容によって一概に復帰しやすいとは言えない情勢ではありますよね…。

私の場合は、新卒で現在の会社に就職し、

当時から付き合っていた現在のパートナーとの将来像が、結婚・出産・共働きという感じだったので、会社の体質や職場環境がパートナーとの将来像に見合っているか、というフィルターで常に職場を見ていました。

そして6年ほど会社に勤めた段階で、担当していた職種内容のままでその思い描いていた将来を想像することが出来たがために、結果的には転職などはせず、入社して一社目のまま産休・育休を取得し、フルタイム職場復帰したという流れです。

これが育児と両立できないような職場環境であった場合、私の場合は結婚前に転職を実行していたかな…とは思います。

この記事を読んでくださっている方の中には、

私のように将来子供が欲しいと思い描いていた方もおられるでしょうし、
子供は予期していなかったけど妊娠して迷っている方、
結婚してパートナーに子供が欲しいといわれて悩んでいる方、

様々な方がおられるとは思いますが、
仕事と育児が両立できるかどうかの結論は冒頭でも述べたように、

家庭環境や境遇、職場環境やあなたの職場での立ち位置によって、あなたしか判断できないこと…。

前置きが長くなりましたが、今からご説明する内容はあくまでの私の場合の経験談なので、
問題解決のための判断材料のひとつとして頂けたら、とても嬉しく思います。

2.私の場合の1日のタイムスケジュールと各タスク内容

まずは参考になる具体例として、
私の場合の実際の1日のタイムスケジュールをご紹介したいと思います。

↓クリックで拡大できます

ざっくりこんな感じです。

フルタイムワーママさんのよく見るスケジュールとして、
勤務先まで自転車で行ける距離であったり、定時が17時台であったり、というパターンをよく見かけますが、

私の場合は電車通勤で、なおかつ定時は18時+少し残業です。

それでもこの1年間、特に問題なくこなせて行けたとは思います。

ただ、

memi
memi
フルタイムで保育園生活楽勝だー!! 

ってことではなく、もちろん子育てと仕事の両立は正直大変なことも多いのは事実であり、

ただ個人的には、ワークライフバランスは悪くない(充実していて楽しかった)といったところでした。

以下は各タスクの詳細です。

  • 朝のタスク
スキンケア・メイク・着替え 所要時間約20分
自分のお弁当づくり 所要時間約10分
夕食のおかずを置いておき、冷凍食品と組み合わせるだけ。
旦那さんは現在、お弁当はなし。
朝ごはん 所要時間約10分
もともと自分自身朝食を食べないので、子供はパンを食べています。
保育園へ登園 4月~8月までは保育園まで片道20分かけてベビーカー。
8月末頃から電動自転車を購入し、片道7分ほどになりました。
  • 夜のタスク
保育園のお迎え 先生との会話などを含め滞在時間5分~10分
晩ごはんづくり 作り置きなし。下ごしらえも基本は無し。朝の時点でパーシャルから使う食材を冷蔵解凍しておく。約40分かけて、3品くらいつくる。
お風呂 旦那さんの帰りが早い日は、子供と旦那さんが一緒に入る。
所要時間約20分~30分
子供の遊び 基本一人遊びをさせているが、よく構って欲しくてこちらにやってくるので、そのたびに相手をしてあげる。
子供の寝かしつけ 眠たくなるまで遊ばせる。

それぞれに関して深く掘り下げていくといろいろ説明はつきないので割愛しますが、

基本的には旦那さんは仕事で深夜帰宅も多いため、ワンオペ家事です。
※ワンオペ家事…ワンオペレーション。一人で家事をすること。

朝食は手抜き、夕食は和食率高めできちんと作ります。
作り置きは諸事情がありほとんどしません。

memi
memi
旦那さんが同じおかずを連続して食べないタイプなんです、ごにょごにょ…あと冷凍食品もキライでして、ごにょごにょ…
あと、3品とか作らいない日ももちろんあります!手抜きしたいときや疲れているときは、親子丼にキマリです!!

子供のご飯に関しては、仕事復帰したばかりの頃はまだ離乳食だったので別で作っていましたが、
現在は2歳前なのでほとんど大人の取り分けになり、かなり楽になりました。

子供の遊びに関しては、男の子なのでプラレールや室内用乗り物などでよく遊んでいますが、正直YouTubeにはかなり助けられています。

memi
memi
電車や車の動画、ことばを覚える動画など、子供がいろいろ覚えるのに役立っているので、個人的には助かっています。

3.タスクの細分化を意識するのがおすすめ

先ほどの私の1日のスケジュールの中で、ごはんをつくること以外家事らしき時間が特に含まれていないことにお気づきの方もおられると思いますが、それは何故かというと、スケジュールに組み込まれるほど時間も手間も要していないというのが率直な理由です。

私の場合、帰宅時間が平均よりも遅めの20時前という中で、いかに家事を時短するかというところも大切なポイントではあるのですが、時短の工夫に関してはまた後日記事にまとめさせて頂くとして、ここでは毎日どのようにタスクを片付けていくか、ということに比重を置いてお話させていただきます。

memi
memi
そこで私がおすすめしたいのが、タスクの細分化です!

基本マイルールとしては、

  • 気づいたらすぐやる。ただし5分~10分前後の所要時間とする。

です。

Aさん
Aさん
気づいたらすぐにやるって言っても…今からご飯作らないと…
Bさん
Bさん
朝は身支度や登園準備でバタバタだよ…

そうですよね…まず第一にやらないといけないことを優先していると、掃除や消耗品の補充、片付けなどの今やらなくてもいいことはついつい後回しにしてしまいがちですよね…。

しかし個人的には、溜め込むことが一番の悪循環である、と思っています。

memi
memi
今からご飯つくらないといけないから後でやろう…

ではなく、

memi
memi
ご飯作る前に10分だけやろう!

です。

たとえその作業が完璧に終わらなくてもいいんです。
10分やるだけで、随分作業が進んで後でやるにも楽ですし、
タスクを溜め込んでいるというストレスがなくなる、というのが最大のメリットかと思います。

これを無意識にしていると、

memi
memi
あれ?ここの掃除やったけ?ほとんど綺麗だな…

ということが起こってきます。

ねこてぃー伯爵
ねこてぃー伯爵
それは物忘れしてるだけやと思う…
memi
memi
それは一理あります

 

できるときにやるんです。もし疲れていたら5分だけでもいいんです。
できるときにやっておけば、自然と小さなタスクが溜まらなくなります。

(逆もありきで、やる気が急に出たときは20分くらいかけちゃいます。その分あとにやらないといけないことを少し手抜きしてあげて、疲れを溜めないように工夫しています。)

↓クリックで拡大できます

平日にフルタイムで働いている以上、休日に掃除や家事を溜め込みたくはありませんよね…。

私はこのマイルールによって、平日だけでほとんどのやらなければならないことは済ませられているので、休日は家族でお出かけしたり、楽しく過ごせています。

それが結果的に平日のパワーにも繋がってきているかと思います。

もしこの方法が自分にあっているかも、と思ってくださった方は是非意識してみてください。

4.保育園選びによってかなり変わってくる

さて、ここからはいよいよ本題で、

Aさん
Aさん
フルタイム勤務で、保育園生活は大丈夫??

という、はじめての妊娠~出産した方々が一番気になる点について、

私の場合の保育園生活を元にお話させていただこうと思います。

フルタイム勤務が可能かどうかは、保育園選びによって変わってきますので、
そのポイントをまとめてみました。

保育園選びのポイント1 | 保育時間

まず私の選んだ保育園は、企業主導型保育事業を利用した認可外保育園です。

名前の通り、企業が運営していたり企業が保育事業者に委託していたりする保育園です。

運営側は認可保育園と同等の助成が受けられ、利用者側も認可保育園と同等の利用料となっています。

個人的見解にはなりますが、国からの助成金があるため運営も安定しており、保育士さんの人数も多いので、それぞれの園の特色が大きく表れる一般的な認可外保育園よりは、選択が容易なのではと思っています。

なぜ認可外保育園を選んだかというと、これに関しては理由はひとつで、

  • 保育時間が長いからです。
企業主導型保育事業による保育園は、企業が運営しているので、企業の勤務時間に幅広く対応できるように保育時間が設定されていることが多いかと思われます。

私の地域の認可保育園は、どの園も延長保育を利用して最長19時まででした。

もし残業なしで18時ピッタリに定時にあがったとしても、19時はお迎えギリギリライン…

認可保育園には申し込みをして通っていたものの、最後の最後に認可外保育園を選択しました。

memi
memi
私の場合は、フルタイム勤務復帰して、産休取得前と同様の仕事量をこなしたいという気持ちが強かったので…

これは人それぞれの考え方なので様々な意見があると思うのですが、

私の勤める会社はわりとカチッとした中小企業。
フレックスタイム制度などの選択肢はなく、時短勤務を選択すると仕事内容を制限しないといけなくなるのは目に見えていました。

フルタイム勤務だと、平日に子供と過ごす時間が短くなる…それは分かっていましたが、

memi
memi
とりあえず自分のやりたいことにはチャレンジしたい! 

という気持ちが強かったので、19時30分まで預けられる今の園を選択しました。

結果的に、平日に子供と過ごす時間が短いことに関しては、
家事の時短などの工夫でコミュニケーション不足などもなく、この1年は問題なく過ごしてこれました。

ただ、実際私の園では19時30分まで預けているのは私一人でした。

今はまだ2歳前なので本人は19時30分まで先生と遊んでいて楽しそうにしているのですが、
3歳、4歳になってきたときに、他の子が先に帰っていく姿を見てどう思うのか、寂しくなるのか。

これに関しては今からどうなっていくかは分からないのが正直なところであり、
子供の気持ちを常に察知して、仕事との向き合い方は考えていきたいと思っています。

保育園選びのポイント2 | 保育園の規模・立地

私の選んだ園は年齢別にクラスが分かれており、それぞれのクラスが違う離れた場所に立地していました。(それぞれのクラスは徒歩10分以内で行き来可能)

それぞれのクラスが小さなビルやマンションのテナントとして契約しているスタイルです。

私が育休中の頃に保育園を探していたときは、保育園というと一般的なこの感じを思い描いていました。

ねこてぃー伯爵
ねこてぃー伯爵
へたくそ雑絵でごめんね

子育てというものがなにもかも初めてだった私は、保育園に預けるということがどういう手順で何をしなければならないのか、今思えば1年前は本当になにも分かっておらず、

私が選んだテナントタイプの保育園のメリットをこの時は知る由もありませんでした…。

ねこてぃー伯爵
ねこてぃー伯爵
大げさやな。 

まず、息子の通っている園は先ほども述べた通りテナントタイプです。

大きな敷地に、園庭があって遊具があって…という感じではなく、
小さなビルやマンションに路面店として入っていたり、2階や3階に入っていたりするわけですが、

保育園探しで見学にいろいろ行っていたときは、

memi
memi
広い園庭とか遊具とかあった方が楽しいだろうなー

と漠然と考えていたのですが、その広さがフルタイム勤務をしたい人にはきっと仇となります…。

ねこてぃー
ねこてぃー
そこまで言わんでも… 

単純に、敷地が広い時点で親がまず教室まで子供を連れていかないといけませんよね…。
赤ちゃんで歩けないときであれば、抱っこして、週明けであれば布団や保育園バッグ等の荷物も持って、ロッカーに靴や上着を入れて、教室に行って、体温などを記入して、お知らせの書類をチェックしたりして、子供とバイバイして、仕事へ向かう……(知人談)

私の通う園の場合は路面なので、到着したらすぐに出入口なわけです。

インターホンを鳴らして、挨拶をして、子供を預けて、保育園バッグを預けて、子供とバイバイして、仕事へ向かいます。

↓私が通っている園と、知人の園の登園時とお迎えの際の所要時間イメージです。

いかがでしょうか?

ありがたいほどスムーズなんです…(感謝)

広い保育園だから時間がかかるとかは一概には言えませんが、

少人数制の認可外保育園などは、場所も限られている分、必然的にいろいろと簡略化されていたりすることが多いのかなとは思います。

ただ保育園は、本当にそれぞれの園によって方針もやり方も全然違ってくるので、

私がお伝えしたいのは、
保育園探しをされる際は、登園時やお迎えの際の所要時間は園によって差があることを分かったうえで、検討してみて欲しい(比較的上記に挙げたような特徴があったりする)ということです…!

保育園探しが初めての方はなかなか想像がつかないと思うんです。

現に私も、入園して初めてその違いを実感しているので…。

フルタイム勤務で復帰されたい方で、出来るだけスムーズに保育園生活を送りたい方は、
上記の内容を確認しながら保育園探しを行われてみてはどうででしょうか。

保育園選びのポイント3 | 持ち物

保育園の持ち物は、基本的にはどこの園も同じようなものを持っていく感じだとは思いますが、
その保育園が備えている設備や、方針によって少し内容が変わってくるかと思います。

持ち物が多いと、当然手間もかかりますよね。

memi
memi
大したことではなくても、毎日毎週のこととなるとめんどくさい日が多々…

とは言っても、これまた私の通う園は持ち物も少ないほうだと思うので、参考にご紹介させて頂きます。

  • 毎日持っていくもの(0歳~1歳時)
フォーク・スプーン 給食用。
エプロン 給食でつかう洗えるエプロン。毎日食べこぼしで汚れるので毎日洗ってジップロック(油性ペンで名前記入)に入れるのが、私の園の決まりでした。ジップロックも毎日捨てるのはもったいないので、毎日洗い、定期的に交換していました。
ストローつき水筒 ストローつきなので、毎日ストロー用ブラシで洗う。
食事用タオル2枚 先生が給食の際に口元などを拭いて下さる用。
ひも付きタオル 手拭き用
連絡帳 前日の夕食、当日の朝食、排便の有無や機嫌、当日の体温、家での様子を毎日記入。
その他 夏場は水遊び用の水着やタオルなど。
  • 週末持って帰り、週明け持っていくもの(0歳~1歳時)
シーツ お昼寝用。簡易ベッドにシーツを敷いてお昼寝する。
洗って週明け持っていく。
ブランケット お昼寝用。夏場はタオル地などの薄手のもの、冬場はぶ厚めのもの。
洗って週明け持っていく。
帽子 お散歩用の帽子。洗って週明け持っていく。
歯ブラシ ブラシ部分が傷んでいたら、新しいものに交換する。
その他 冬場はお散歩用薄手アウターを預けているので、毎週末洗う。
  • 不定期で持っていくもの(0歳~1歳時)
おむつ・おしりふき なくなりそうになると先生が教えて下さるので、その都度持っていく。
着替え 常に上下3セットほど保育園にストックさせてもらい、汚れたら先生が保育園バッグに入れて下さる。

持ち物はこんな感じなのですが、

持ち物が多い園と比べて一番便利で助かっている点が、お昼寝用のです。

私の園は、簡易ベッド+レンタルシーツ(ペラペラ)なので、自分で用意するものはブランケットのみ(市販のもの)。

ですが園によっては、子供用布団セット(敷き布団+掛け布団)を毎週末持ち帰らないといけない園があったりします。

子供のためを考え良質な睡眠をとってほしいと考えていて、そういう園を選ぶのは全然問題ありませんが、家から保育園までの距離や移動手段によっては、

Aさん
Aさん
布団セットを毎週持ち帰るだなんて大変そう…

と思われた方もおられるのではないでしょうか?
(私は思いました……)

memi
memi
雨の日とか、自転車で布団まで持ち帰るの…??

ただでさえ週末はいろいろ持ち帰るものがあり、荷物が多いですし、

なおかつ自分のバッグ類もあるし、会社から持ち帰った荷物もあったりして、

そこに雨の日が重なった日には……

memi
memi
私、絶対嫌になる…

事前に保育園の布団事情を聞いていた私は、簡易ベッド+レンタルシーツの園を選んで本当に良かったと思っています…。

基本、車での送迎になる方は問題ないかもしれませんが、

自転車や徒歩、バスでの登園などをお考えの方には結構大きな問題かと思いますので、

事前にチェックされることをおすすめします。

フルタイム勤務で、時間に余裕がないであろう方には特に重要なポイントだと思います…。

保育園選びのポイント4 | 運動会や発表会などの開催曜日

入園前の説明会で、年間行事予定表なるものをいただくのですが、

私はそれを見てびっくり!

memi
memi
え!運動会とか親子遠足とかあるの!? 

私の子供は誕生日の都合上、入園したときはまだ生後10か月。

初めての子育てで、保育園生活がどういうものなのか何も分かっていなかった私は、

自分の目の前にいる赤ちゃんが、運動会に出場している姿が全く想像できず、入園前の3月、びっくりしたのを覚えています。

memi
memi
しかし子供の成長ってすごいですよね!運動会が開催される頃には子供も1歳半になり、歩けるようにもなっていて、踊りのまねっこをしたりしていました…。

というわけで、保育園生活初心者であった私には新鮮ではありましたが、

保育園にも当然のように様々な行事がありますよね。

運動会、親子遠足、発表会などなど…

職種にもよりますが、基本的に土日がお休みの職種が多いため、このような行事は土日に設定されていることがほとんどではあると思いますが、

要チェックなのが、こども園タイプの保育園施設です。

こども園とは?
幼稚園教育+保育を行う園。最近は保育園不足を解消するために、幼稚園が保育機能を備えたりしてこども園としてリニューアルするケースがよく見られます。

こども園にも様々な形態があると思いますが、もともと幼稚園であったこども園は、
幼稚園時代のままの行事設定で運営されておられることも多いようで、

行事がすべて平日に設定されている、ということもしばしばあるようです。

Bさん
Bさん
年に数回の行事だし、休みを取ればいいか… 

と思う方もおられるでしょうが、もし休みをそのたびに取るのがキツそうだという方は、
こちらも保育園選びの際の事前チェック項目にいれておかれるのがおすすめです。

5.復帰して2~3か月で疲労がピークに

フルタイム勤務で復帰して2~3か月が経ったころ、ついに園でも病気が流行りだしました。

memi
memi
保育園って病気がよく流行るとは聞いてたけど、ついにこの時期が…! 

4月~6月は流行病というよりは、慣れない環境で発熱する子がちょこちょこいた程度だったのですが、
(私の子供は新しい環境にもあまり抵抗がなかったのかすぐに保育園に馴染み、発熱もせず…笑)

流行病となると、さすがに見事にすべての園児に感染していくのです…。

最初の頃発熱しなかった私の子供も例外ではなく、手足口病、謎の下痢系、リンゴ病疑惑、などなど、真夏に病気のオンパレード状態でした。

そして、子供と毎日のように濃厚接触していた私は、

こどもの発熱後 → 見事に私も発熱  のループに突入。

そのころはちょうど復帰して産休前のペースを取り戻し、仕事にも勢いが増していたころで、休むにも休めない日があり、フラフラ状態で出勤…からの早退→病欠→出勤→早退…とつづいてしまいました。

病欠したある日、今までに感じたことのないくらいの頭痛と体の倦怠感におかしさを感じ、救急を受診。

memi
memi
ありえない頭痛に体の倦怠感…子供の熱が大人に移るとキツイってよく聞いてましたが、ここまでとは…

結果、血液検査で、

ねこ医者
ねこ医者
炎症反応を示すCRPが高いだけですね…疲労かと思います。 

と言われました。

そしてそんな発熱つづきの私にとどめの一発が…。

子供から咳風邪が移る → 咳込みが激しく腰痛悪化 → 重度のギックリ腰。

重度のギックリ腰というのは初めての体験で未知の世界でした。

立ち上がれない、動けない。当然子供の世話なんてなにひとつできない。
(自分の世話すらままならない状態。)

memi
memi
情けなくてさすがに泣きましたね…。

と、とにかくフルタイム勤務復帰して1年が経った今でこそこの生活に慣れてはきましたが、
とにかく最初は、体に疲労がいろいろ溜まってました。

memi
memi
育児と仕事を両立される予定の皆様、疲労を溜めないように本当に自分の体を労わってあげてください…自分が元気じゃないと子供のお世話もできません… 

と心の底から思います。だからこそ家事の時短はするべきだと思いますし、

たまには適度に手を抜くべきだと思います…。

無理は禁物ですね…。

6.旦那さんと実母の助けはとても大きかった

先ほどの私の、疲労がMAXに到達した話の続きで、

自分が体力0になって倒れこんでしまったその時、やはり頼りになったのは旦那さんと実母でした。

正直、私一人だったら本当にフルタイム勤務は無理でした。

memi
memi
誰も頼る人がいない状況で、ギックリ腰になんてなってしまっていたら…

想像するだけでゾッとします。

子供の面倒は誰がみてくれていたでしょうか…。

普段から子育てを一緒にしている旦那さん、

休日出勤の時によく子供をみてくれている自分の母。

フルタイム勤務復帰を考えておられる方、頼れる存在はおられるでしょうか?

シングルマザーの方々や、旦那さんが単身赴任されておられる方、

実家や義実家から遠く離れたところに住んでおられる方…いろいろな理由で頼れる存在がいない方もおられると思います。

どれだけ体力に自信がある方でも、いざというとき、助けを求められる存在は必須だと思います。

あなたの今現在置かれている環境が、フルタイム復帰するべきではない環境かもしれないと思った方は、本当に無理をなさらないでください。

どうしてもフルタイム勤務復帰しなければいけない方で、頼れる存在が近くにおられない方は、ファミリーサポートという地域住民が子育てで協力し合うサービスもあるので、

そちらに事前に登録をされておかれるのもいいかもしれません。
(私は利用はしたことがなく詳しく語れないのですが…)

7.子供の睡眠時間について、先生から忠告をうけた

フルタイム勤務で復帰して半年以上が経ったころ、連絡帳の先生からのコメントの欄に、このような言葉が目立つようになってきました。

〇月×日 今日はおひるごはん中にウトウト… (A先生より)

〇月×日 眠たくてお昼ごはんがなかなか食べられず… (B先生より)

〇月×日 もう少し早く就寝できれば○○くんも元気に過ごせるはず!○○くんのために! (B先生より)

〇月×日 9時台には布団にいれてあげてください。 (C先生より)

前半で挙げたタイムスケジュールをご覧いただくとお分かりだとは思いますが、8時前に帰宅する私たちのタイムスケジュールでは、どう頑張っても9時台に毎日布団に入るというのは、正直、無理難題といったところでした。

先生方とお話ししていると、私の子供が眠たくてお昼ごろに機嫌が悪くなることに、問題を感じておられるようでした。

memi
memi
先生からの“早く寝かせてあげて”メッセージを感じ出した頃、私は正直かなり悩みました。

というのも、私たちのタイムスケジュールはともかく、そもそも子供が9時台に眠りにつく気配が全くなく、元気MAXで毎日遊んでいるからでした。

先生方から忠告を受ける前から、もちろん就寝時間が遅めであることは気にはなっていたので、何度も寝室へ連れていき寝かせようとチャレンジはしていたのですが、

暗闇の中で遊び続けたり、私がウトウト眠ってしまった横で2時間ほど遊び続けたりすることがほとんどで、なかなかうまくいかず、

memi
memi
無理に寝かそうとしても意味ないし、遊び疲れさせてからでいいか… 

と思うようになりました。

正直、9時台に子供を無理に寝かそうとして、私が子供より先に睡魔に負けて眠ってしまって、家事に支障が出ることも多々あったのも理由でしたが、

子供の合計睡眠時間を考えると決して睡眠不足ではない、というのも理由でした。

下記のデータをご覧ください。

子供(幼児)の理想的な睡眠時間

では、昼寝を含めて子供は、何時間の睡眠が理想的なのでしょうか。米国睡眠医学会によれば、

  • 4カ月~12カ月:1日12時間~16時間
  • 1歳~2歳:1日11時間~14時間
  • 3歳~5歳:1日10時間~13時間
  • 6歳~12歳:9~12時間
  • 13~18歳:8~10時間

とされています。ただ、例えば1歳の子供を1日11時間、どのタイミングから寝かせてもいいという話ではないはず。深夜の0時前後は子供の成長に欠かせないゴールデンタイムだとも言われています。

引用:HugKum 子供の「理想的な睡眠時間」は何時間?年齢別の平均と、プロが教える睡眠不足の原因、改善テクニック

私の子供はそのとき1歳半だったので、11時間以上寝ていれば、理想的な睡眠時間はとれているというところです。

そのころの平均就寝時間は、22時~23時の間。

仮に22時30分に就寝したとして、私の子供はいつもだいたい7時30分に起きていたので、

そこに保育園でのお昼寝2時間半を加えると、合計睡眠時間は11.5時間。

先生とは一度、きちんと話し合いをさせていただき、

  • そもそも乳児期から寝ぐずり(寝る前に泣く)があり、今も続いていること
  • 帰宅時間を考えると就寝は22時台になってしまうこと
  • なるべく早めに布団へ入る努力をしていること

というこちらの見解を伝え、結果的にはご理解いただいた、という感じでした。

先生方も子供のことを考えて仰ってくださっているのは重々承知していましたが、
21時台に寝かせるのは、今の生活スタイルではとても無理ではありました。

個人的には、このように時間に制約があったりするのは、
フルタイム勤務の欠点ではあると思います。

8.子供の様子は…?長時間保育園でさみしくない?

フルタイム勤務復帰して1年が経過し、気づけば子供も赤ちゃんから幼児になり、

言葉もたくさん覚えてきて、子供らしくなってきました。

現段階の2歳前という時期までのお話でしかありませんが、

今のところ、全然寂しくなさそうだし無理もさせていない、というのが正直な意見です。

もちろんお子様の性格や健康状態にもよるでしょうし、
保育園の先生方との相性もあるとは思います。

まだ20代前半のころ、よく友達と、

memi
memi
もし子供が産まれたら仕事どうする~? 
友達
友達
産休取って働く?でもそれって子供が可哀そうなのかなー??
友達
友達
私たちが小学生の時って、保育園から来た子ってクラスに1~2人しかいなかったもんねー

という会話を何度かした覚えがあります。

就職した頃から自分の気持ちの奥底では、

子供が産まれても働き続けたい

という気持ちがずっとあり、辿りたい道は決まっていたものの、どこか頭の片隅で可哀そうなのかもしれない、寂しい気持ちにさせるのかもしれない、親との時間が少なくてコミュニケーションが不足してしまうのかもしれない、という迷いが少しはあったのも事実でした。

でもその迷いは、出産前に読んだとある本で迷いから安心へと変わりました。



Amazon フランスの子どもは夜泣きをしない ―パリ発「子育て」の秘密―

タイトルの通り、フランス流の子育て方法を行えば子供は夜泣きをしなくなる、といった内容をメインに、国など関係なく世界共通で役に立つ子育ての理念を知ることができる1冊です。

memi
memi
出産前に目を通しておいて損はない素晴らしい本です! 私の子供はこの本のおかげもあって夜泣きはほとんどありませんでした。

この本を読み、保育園という場所は社会生活の第一歩であるという風に強く思えました。

子供は大きくなっていつか親元を離れます。

保育園は、社会にでることを小さなうちから体験させてくれる貴重な存在。

実際、私や旦那さんだけでは教えることのできない様々なことを、保育園は子供に教えてくれ、体験させてくれています。

私がここで語らずとも、現在は出産して職場復帰する女性が多い世の中であり、
保育園に通う園児も多くいます。

保育園は、働くために仕方なく預ける場所ではなく、
親にとっても子供にとっても、双方にいい体験をもたらしてくれる場所であると、1年が経って改めて思いました。

フルタイム勤務によって他の園児よりも預ける時間が長い点に関しては、保育園選びのポイントでもお伝えした通り、今後の子供の様子を伺いながら状況によって判断していこうと考えています。

9.金銭的メリットはやっぱり大きい

あなたは今、何故出産後も働き続けようと考えていますか?

男女平等が唱えられる昨今、このような質問が女性ばかりにくるのも如何なものか、と個人的には思いますが、出産をするのは女性であり、人生のターニングポイントとなってしまう事実からは逃れられませんよね…。

ねこてぃー伯爵
ねこてぃー伯爵
産前産後は仕事を一度セーブしないとあかんもんね!

シングルマザーの方や、男性が子育てを担当し女性が働くご家庭もあるでしょうし、

様々な理由があるとは思います。

私の場合はわりと一般的な理由で、

自分自身がまだ20代で仕事もまだまだこれからという時期であったこと、
そしてやはり金銭的なメリットを考えた上での判断でした。

しかし、出産前はよく母にはこう言われていました。

旦那さんだけのお給料でやりくりを頑張ったらどう?
お金なんてなくてもいいから育児に集中したらどう?

などなど…

でも私は、今のスタイルに現状は満足しています。

memi
memi
まだまだ今の職場で頑張りたいし稼ぎ続けたい!

その自分の気持ちに正直に、選択しただけ…。

家族のことはもちろん第一に考えないといけませんが、出産という大きな使命を果たした後であっても、女性が思うままに、進みたい進路へ向かうことのできる世の中って素敵だなと思うので、まず自分で体現したいという気持ちもありました。

memi
memi
なんかかっこつけたこと言っちゃってスミマセン!! 

若干話がずれてますが、要するにお金のために共働きでいいと思います!

やはり金銭的な余裕があると何事にもおおらかになれますし、子供のおもちゃや洋服にも我慢が少なくて済みます。

平日フルタイムで働いている分、
週末は少しお金がかかってもいいと思えるのでいっぱい遊びに出かけられます。

外食やカフェにも我慢なしで行けますし、子供とのレジャーも今から楽しみで仕方がないです!

memi
memi
子供も2歳になったので、いろいろなものに興味津々!水族館や遊園地などなど、いっぱいお出かけしたいなぁと考えています。

最低限のお金でやりくりして、家族で我慢しながら暮らすより、
やりたいことをやって楽しく生活するのは、悪いことじゃないと思います。

お金のために子供との時間を減らすことに罪悪感を感じるのは違うと思います…。

いくら家族であっても適度な距離感は必要ですし、
家族それぞれが、日中は違う活動をして夜には一緒に時間を過ごす生活スタイル、
個人的にはとっても気に入っています!

なので、お金のために働きつづけたい!やりたい仕事のために働き続けたい!と、
お考えの出産前の方々を、応援したい気持ちでいっぱいです…。

ただ何度も言いますが、それが実現可能かどうかは環境や状況によりけり。

memi
memi
子供のことを第一に考えながら、今後のことは考えていこうと思っています…!

10.【結論】個人的には楽しかった!

ねこてぃー伯爵
ねこてぃー伯爵
育休からのフルタイム勤務復帰して1年経過。実際どう? 
memi
memi
率直に充実していて楽しかった!一度体調を崩して大変な時期もあったけど、保育園での子供の成長を1年間見てきて、とってもいい経験だったなと思う!子供も先生が大好きで、 お友達の名前も全員ばっちり覚えてる。同年代の子供たちとの交流は本当にいいものだったなぁと思う。そして先生方に本当に感謝!安心して預けられるからこそ、仕事にいつも集中できている!保育園は子供にとって第2の家のような存在だった。私もまだ20代だからこそ、教えていただくことがたくさんあった。

私の職場は幸いにも、子育てしながら働くことを応援してくれる職場だったので、
その点にもとても感謝しています。

同僚や先輩のバックアップは本当にありがたいものでした。
産休取得前と同じ業務を行えているのは、先輩たちの支えがあったからこそです。

memi
memi
長く務めた職場で信頼関係があったことは大きかったです。

時短ではなくフルタイムで復帰できたのも、会社の理解があったからこそ。

子供の体調が優れなくて早退したことも多々ありましたし、
午前中に病児保育を利用するために遅刻して出社することも多々ありました。

迷惑をかけているに決まっていますが、私が通常業務をこなしていきたい気持ちを理解してくれているからこそ、任せてくれています。

そしていざというときにサポートしてくれる、旦那さんや実母の存在なくしては、
出産前と同じ業務に携わることは難しかったです。

保育園のお迎えも時には旦那さんや母に頼むこともありましたし、
休日出勤の日は預かったりしてもらっていました。

私の実母はまだ若く、バリバリのフルタイム勤務ですが、それでも早退などしてお迎えに行ってくれたりと、サポートしてくれ本当に助かっていました。

自分がやりたくて選んだ、フルタイム勤務復帰ですが、それは決して自分だけの力でできるものではなく、周りの方々の様々なサポートで成り立っているということを、

1年が経過して振り返ってみると、改めて思いました。

この記事はあくまでも私の場合の経験談と意見であり、
いろいろな考え方があって環境も異なってくるとは思いますが、フルタイム勤務復帰をお考えの方の、少しでも参考になれば嬉しいです!