子育て

【育児雑記】子育て中のイライラ…、改善について考えてみた!

こんにちは。
memiです。
2歳の息子を毎日保育園へ通わせ、フルタイム勤務という生活を送っています。

memi
memi
突然ですが、 育児のイライラが溜まる時期ってありませんか?

同じようにお悩みの方でお時間のある方はよろしければお付き合いください…。

子供が生まれてから正直、イライラしてしまうことが増えました。

memi
memi
自分でも、イライラしすぎることが良くないのは分かっているのですが、湧き上がるイライラのおさめ方が分からない時が多々…。 

別に毎日イライラしている訳じゃないんですけど、

イライラの原因は、主に子供が予測不可能な動きをしてトラブルが積み重なったときが多い気がします。

子供が生まれる前から、いろんな方の体験談を読んだり、コラムを読んだりしてきました。

“育児が大変なのは、命を守る責任感でピリピリして過ごさないといけないから”
“育児が大変なのは、思い通り進まないことがほとんどだから”

頭では分かってはいても、いざ子育てが始まるとなかなか理屈どおりにはいかず、
自分の精神が追い付いていない…と正直感じています。

「こんなことでイライラしても悪循環だ!」と脳内で自分自身を説得して頑張るようにはしていますが、

たまに湧き上がる感情が抑えられないことがあって、当時まだ1歳だった息子に、

「なんでそんなことするの!!」と怒鳴ったことしばしば…。

あとで冷静になって考えてみれば、言葉も分からない息子にそんなことを問いただしても意味はないし、
自分自身があとから罪悪感にさいなまれるだけという、本当に悪循環でしかなく…。

最近は息子も2歳になり、私が怒っていると理解できるので、

「もう!!」って少し怒るだけで「うわーーん泣」となりますが、

子供自身もとりあえず「うわーん」って泣いておこうかな、みたいな時も多くて、
私が普通の態度に戻ると子供もケロッと戻り…。

怒り爆発の大きな火事になることは減ったのですが、私自身、怒ってしまった時はこんな親で申し訳ないと思ってしまって、もっと親として成長したいなと感じる日々です…。

そこで!
いろんな方々の育児方法・思考を参考にして、
改めて考え方の勉強をさせてもらい、それをまとめてみよう!と思ったのでこの記事を書くことにしました。

2歳児の育児に、ほぼ100%の親がイライラしたことがあるらしい。

子育て中のイライラは誰もが経験するものと分かってはいても、

「私って駄目だなぁ…」って、ついつい無意識にいつも思ってしまっていましたが、

この記事を読んで、より自己肯定感を強めてあげようと改めて思いました。

50人のママ・パパに「イヤイヤ期の子どもに、イライラしたことはありますか?」と聞いたところ、100%の先輩ママ・パパが

イライラしたことがある!

と回答しました。

・仕方がないと思い込むことです。子どもの癇癪が終わったあとや、笑顔で走り寄る姿をみると、なんだか許せる気持ちになりました。(5歳の男の子のパパ)

・子どもが素直なときの写真や動画を見て、心落ち着ける。落ち着いていれば可愛い我が子と認識できる。(4歳の男の子のパパ)

引用元:kosodate LIFE(子育てライフ) 子どものイヤイヤ期の対応のコツ。イライラしない方法も|看護師監修 https://epark.jp/kosodate/enjoylife/k-tantrum-correspondence_9894/

そうなんですよね。私もいつも怒ってしまった後に子供の可愛い姿を見ては、

なんでこんなに可愛い無邪気な子供に対して怒っちゃったんだ…と、
自分の子供が可愛い存在であることを冷静になってから再認識…。

だけど、仕方がない!

memi
memi
みんなイライラするもんなんだ!私も頑張ってるんだ! 

と、改めて強く思うようにして、

イライラしている自分に対して罪悪感をもつことを減らすことができるよう頑張って、
のスパイラルを軽減できるようにすることに努めてみようと思います。

イライラはみんな経験する!まずはそんな自分に罪悪感を持つことからやめてみよう!
memi
memi
いつかはそんなことでそもそもイライラしない人間になりたい…

時間に余裕をもつと心のゆとりが生まれる

イヤイヤ期に、大人がイライラさせられてしまう原因のひとつが“時間”です。特に朝は、サッと準備をして家を出たいのに「靴下や靴を自分で履きたい!」と主張し、やってあげようとするとイヤイヤされてしまうと、待っている間中、大人はイライラしてしまいます。

このイライラを解決するコツは大人が“時間に余裕をもつこと”です。家を出るには15分かかると見込んで計画を立てておけば、スムーズに準備ができて5分で出られたらラッキーと思えるようになります。

引用元:ウーマンエキサイト イヤイヤ期にイライラしない6つのコツ! 魔の2歳児との接し方

まったくもってその通り過ぎます…。

私の場合は時間が原因のことが結構多いです。

まだ2歳の子供からすればタイムスケジュールの概念なんてあるはずもないのに、

私の都合で、「急いで!遅刻する!」だとか、「今はそんなことしてる暇ないよ!」だとか…

自分でも冷静になれば分かるのに、フルタイム勤務でバタバタの毎日の中では、ついつい時間にとらわれがち…。

「時間がない!時間がない!」とついつい頭の中では言い訳ばっかりになってしまうのですが、時間は自分でつくるもの!!と思って、余裕をもったスケジューリングを心がけようと思います。

あと逆に思ったのですが、あきらめることも大切かもしれません。

私の場合フルタイム勤務していたり、子育て中の皆さんは様々な事情で時間がないと思ってしまうことも多いですよね。

時間がないと思うとき…

  • 朝、少し寝過ごしたとき
  • 仕事から帰宅後、トラブルがあって晩ごはんを作り出すのが遅くなったとき
  • 買い物する時間がなかったとき etc…

全部きちんとこなそうとしてしまうと、いっぱいっぱいになってフラストレーションが溜まってしまいますよね。

個人的にはそういうとき、無理にやろうとせず、たまにはあきらめてしまった方がいいと思っています。

ご飯を作る時間が減ってしまったら手抜きするかデリバリーにしてみてもいいと思いますし、

休日前日、子供をお風呂に入れる元気がなかったら、子供と一緒に翌日、朝風呂に入るとか…。

基本的に毎日きちんと入浴時間にお風呂に入っていれば、たまには朝入ってもいいんじゃないかと思っています。

memi
memi
前に記事にも書きましたが、無理して体を壊すとそれが一番よくありません。私の場合はぎっくり腰で倒れてしまって家事も育児も何もできなくなってしまったことがあります。そうなる前に、自分を労わってあげようと心がけています…。

下記の記事の5で、ぎっくり腰のことに触れていますので良ければ読んでみてください。

育休→フルタイム勤務復帰、実際どう?【1年経過・総まとめ】はじめまして。 memiといいます。 子供を考えている人や、現在妊娠中の方などが直面する問題といえば、 仕事復帰をどうする...
余裕をもってスケジューリングできるようになる!でも体の調子が悪かったりトラブルがあったりしたら無理せずあきらめることも大切!
memi
memi
スケジューリングできるようになるといっておきながら、できないときはあきらめる。一見相反した事にも思えますが、予測不可能な子育てだからこそ、そのバランスが大事! 

きちんとスケジューリングもして、でもできないときはあきらめる。

もっと心のゆとりを持てるようになりたいです。

イヤイヤ期は子供にとって必要な成長過程である

私の子供はまさにイヤイヤ期真っただ中。

物にあたったり、おもちゃを投げることが増え、正直私自身どう接すればいいか悩む時が多いです。

地面に寝転がってスネて動こうとしないこともあります。

memi
memi
私の幼少期はそんなことしなかったと母に聞いていたので、勝手に「自分の子供は自分に似てそんな性格じゃないだろう」ってイヤイヤ期をなめていた部分もあります。実際に2歳を過ぎると「あぁ…イヤイヤ期ってこういうことかぁ」と実感。 

その子によって個人差はあるのは当然ですが、イヤイヤ期はどの子供も必ず通る大切な成長過程だということを、この記事を読んで改めて感じました。

子どもは信頼しているママだからこそ、安心して暴言を吐いたり、叩いたりできるのです。良い時も悪い時も受け止めてもらうことで、子どもはだんだんと自らの感情をコントロールできるようになります。

しかし、幼少期にイライラを発散できなかったり、悪い状態を受け止めてもらえないと、思春期以降に感情の大爆発を引き起こし、突然キレるような子になる場合もあるかもしれません。

2歳児によくある癇癪やイヤイヤ期は、3歳を過ぎるころには収まります。ママはちょっと大変かもしれませんが、子どもの成長に必要な通過点と考えて、温かく見守ってあげましょうね。

引用:ウーマンエキサイト 子育て情報『イヤイヤ期真っ最中!「親を叩く・物を投げる」2歳児にしてはいけないNG対応って?』

そうですよね。2歳になって自己主張ができるようになっても、いろいろなことが初めての経験で、うまくできないことばかり。イライラするのが人間の当然の姿なんですよね。

私はついつい子供が物を投げたりすると、「なんでそんなことするの!」と怒ってしまったりすることが増えていて、自己嫌悪していましたが、

「壊れちゃうからやめようね」と、改善するための言葉をかけられるようにしようと思います。

イヤイヤ期は感情のコントロールの練習の第一歩!暴言や叩く投げるといった行動は、間違っているよ、と優しく導いてあげる!
memi
memi
私も完璧人間ではないので、一切怒らないというのはいきなりはできないかもしれませんが、子供にとって必要な成長過程であることをよく理解して、 子供とともに日々成長したいです。

育児雑記にお付き合いくださいありがとうございました。

初めての育児で、なかなか思い通りにはいかないことばかりですが、
子供に自分自身も成長させてもらっていると日々実感もあります。

大人の私でさえ、子供の行動にイライラさせられていて感情のコントロールができていないのに、生まれてまだ2年の息子にとってはもっと難しいことなんですよね。

それなのに、言えば息子も分かってくれたりすることもある。

そんな息子の成長にも感慨深いものもありますね…。

個人的な雑記ではありましたが、同じように悩んでいる方の少しでも参考になれば嬉しいです。